肉離れ

肉離れ

多摩区登戸にある 登戸整骨院の肉離れの治療はこんな方におススメです!

    肉離れ
    • 歩行時の痛み
    • 荷重がかかった際の痛み
    • 運動ができない
    • 松葉杖がつかれる
    • 反対側がつかれる
    • 階段昇降時の痛み
    • 走れない
    • 人込みが心配
    • はんこんができて違和感がある
    • 再負傷が心配
    • 運動復帰までの期間に筋肉が落ちる

    この様なお悩みがあるなら迷わずに、多摩区登戸にある登戸整骨院へご相談ください。

    肉離れに対する多摩区登戸にある 登戸整骨院の考え方

    運動時に負傷が多くみられます。
    負傷時「ボールがぶつかったと思った」「バチンと音がした」と感じる方もいます。
    筋肉への負荷をかけすぎずに治さないと「はんこん」ができ、再度肉離れをしたり、違和感が取れない原因になります。

    また、負傷前に違和感を感じる事もあります。
    アップ不足、また間違ったアップの方法でも起こるため、負傷しないためには適切なアップを行う必要があります。
    切り替えし動作時、踏み込み時、突発的な動作時、普段よりも負荷量の強い時、不慣れな練習や理解度の低い練習、久々の運動、予測できない動きやスピードなどの練習は注意が必要です。
    疲労度合の増える運動後半、身体が温まっていない運動前半に多く負傷が見られる傾向があります。

    肉離れをほうっておくとどうなるのか

    負傷後適切な処置がないと悪化します。

    歩行しづらくなる、治療期間が長くなる、はんこんが残存する、等。
    はんこんを残さない事をまず1番に考えていきます。
    はんこんが残ってしまうことで、再負傷の可能性が増加しますし、
    はんこんが残ることで感じなくてよかった違和感が続くのも精神的に気持ち良いものではないからです。

    気を付けて頂きたいのが、痛みが無くなってきて、動き始めてからの運動や日常生活への復帰も徐々にプロセスを追っていかないと再負傷の恐れがあります。

    多摩区登戸にある 登戸整骨院の肉離れの改善法

    ひどいものは整形外科を進めることもありますが、
    まずは急性外傷に対する処置として、ギプス、包帯等で圧迫(固定)、アイシング等を行い、
    松葉杖の必要のある方は使用して荷重を減らします。
    また回復促進のためのキネシオテープ療法が効果的です。

    どのようなメニューか、どのくらいの頻度で来たらいいのか

    まずは包帯やギブスで固定をかける事をお勧めしますが、
    それ加えてキネシオテープを使い
    固定の補助と回復促進、腫れ・内出血を軽減させていきます。
    また、痛みを取るためにハイボルト治療や、
    細胞の活性化を図るために微弱電流を流すことも非常に効果的になります。

    頻度としては負傷の状態によりますが、
    はんこんを残さないためには可能な限り毎日治療を行う事をお勧めします。
    治療期間としては度合いによりますが
    2週間程度で松葉杖なしでの歩行、1ヶ月で運動復帰が見込めます。
    ただし完全に復帰するためには個人差がございます。

    肉離れに悩まされていた患者様の声

    スポーツ中に肉離れをした川崎市多摩区在住の20代男性 
    バスケをしていて肉離れになってしまい、友人の紹介で登戸整骨院さんに来ました。
    テーピングと包帯、それと電気を使った治療をしてもらい、
    最初は歩くのも松葉杖がないと辛い状態だったのですが、
    徐々に無くても大丈夫になってきました!

    現在は痛みはなくなったのですが、まだ違和感が残っているので、
    それを継続して治療してもらいながら、
    再発防止のためトレーニングの指導もしてもらっています。
    ほんとうに助かっています!

笑顔道 登戸整骨院

登戸駅徒歩17分
住所:神奈川県川崎市多摩区野島2325-1
いなげや川崎登戸店内
受付:平日・土・祝・日 9:30~20:30
定休日:なし

ご予約フォーム
笑顔道 登戸整骨院 地図
ページトップへもどる