足関節の捻挫

足関節の捻挫

足関節の捻挫

スポーツ・運動時や歩行時に足を捻ってしまったアナタ!

足関節捻挫治療
  • 歩行時の痛み
  • 階段昇降時の痛み
  • しゃがみ立ち上がり時の痛み
  • スポーツでのパフォーマンス低下
  • 足首の不安定(ぐらぐらする)

この様なお悩みがあるなら迷わずに、仙川にある仙川の鍼灸整骨院へご相談ください。

足関節の捻挫に対する仙川にある仙川の鍼灸整骨院の考え方

足関節捻挫は日常において最も多いケガと言えます。
軽度なものを含めると、ほとんどの人が経験したことがあるのではないでしょうか?

ありふれた怪我とも言えますが、二足歩行になった人間は、全体重を足部で支える形になります。
そこに痛みや不安定性が出ることにより、患部以外の部分に不調をきたしてしまいます。

足関節捻挫はきちんと初期処置をすれば早期に治りますが、
大半の人が放っておけば治るだろうとほったらかしにしてしまいます。

そのため安定性が戻らないまま無意識にかばってしまうことが一番厄介とも言えます。

足関節の捻挫を放っておくとどうなるのか

足関節捻挫の不安定性を放っておくと、様々な不調をきたします。

局所的に見ますと、扁平足・外反母趾・内反小趾などの変形の原因になることもあります。

全身的に見ますと、不安定な足をかばう形になり、
膝痛や慢性的な腰痛、不良姿勢により首、肩こりの原因となるぐらいですので、軽度な捻挫ほど甘く見てはいけません。

仙川にある 仙川の鍼灸整骨院の足関節の捻挫の改善法

どれだけ早期に正しい処置ができるかが大事になります。

当院では損傷部位の特定と重症度の区別を行い、
疼痛緩和のRICE処置と、痛みを取るのに適した電気治療を行います。
さらに日常生活でも痛みが出ないように症状に合わせた固定をします。
疼痛緩和と同時に関節や筋肉の機能を改善するため、リハビリを開始することにより、早期に改善されます。

どのようなメニューか、どのくらいの頻度で来たらいいのか

痛みを取る治療は3回から8回程度痛みが落ち着くまでは連続が好ましいです。
その際はハイボルト治療という痛みを取るのに適した電気治療を中心に、
炎症、腫脹等の状態を鑑みながら処置を行わせていただきます。

炎症等が収まってきた後は、筋肉の状態の調整、関節や骨の歪みの調整等をメインに行わせていただきます。
痛みがおおよそ消えてきた後は、リハビリや痛みが出ない体作りのためトレーニング等を行わせていただきます。

身体を正しく使えるようになって頂くため、週2回を三から4ヶ月程度継続して通っていただくことが理想です。

足関節を捻挫されて痛みに悩まされていた患者様の声

スポーツ中に足を捻挫した調布市若葉町在住の30代男性 
先日趣味で楽しんでいるフットサルをしていた時、足元が滑ってしまい足首を捻挫しました。
一緒にフットサルをしていた仲間が、「笑顔道が良いよ」と言ってくれたので、そのまま院に連絡し、向かうことに。
どんな風に痛めたのか、どこが痛いのか、どうすると痛いのかをしっかりと確認してくれた上で、治療に入ってくれました。
熱と腫れが出始めていたので、ハイボルト、という電気を流してもらい、テーピングをしてもらいました。
その後何回か治療や足首まわりの矯正をしてもらい、捻挫する前と同じくらい動けるようになりました!
まだ足首の動き自体が固い、と言われたので、しっかりとメンテナンスのため通わせてもらいます。
 
雪で滑って足を捻挫された調布市仙川町在住の20代女性
先日雪道を歩いていて、足を滑らせてしまいました。
その時は痛みも違和感もなかったのですが、時間が経つにつれてだんだんと痛みが酷く・・・
幸い翌日が休みだったので、予約をして診てもらうことにしました。
翌朝はさらに痛みが強かったため、片足を引きずるような形で院に向かいました。
駅が近くて良かったです。
最初は電気を使った治療を中心にしてもらいました。それと一緒に、どこの部分が痛んでいるのか、痛みが無くなったらどのような事をしていけばいいのか、等も説明してもらいました。
治療の後、おそるおそる立ってみると、足をついてもそんなに痛くありませんでした!
本当にびっくりです。
痛みが続く間は集中的に通わせてもらい、足の痛みは無事に消えました。
ただ、捻挫になってしまうのは体のほかの部分に原因がある、と言われたので、今はそっちも含めて通っています!
本当に助かっています。
仙川の鍼灸整骨院

仙川駅徒歩1分
住所:東京都調布市仙川町2-21-15        
受付:平日・祝 10:00~21:00  日:10:00~18:00
定休日:なし

ご予約フォーム
仙川の鍼灸整骨院 地図
ページトップへもどる