腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

     腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

放っておいても、良いことはありません!!

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア
  • 立ち仕事で、腰が痛む
  • 前屈みになると、腰廻りが張る
  • ギックリ腰をよくする
  • 寝ているだけで、腰が痛む
  • 座っていると、腰が痛む
  • 腰廻りが固まって、動きづらい
  • くしゃみをすると、腰にひびく

この様な腰の痛みがあるなら迷わずに、駒込にある駒込中里整骨院へご相談ください。

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアに対する駒込にある駒込中里整骨院の考え方

腰痛やぎっくり腰は腰を捻ったり、負担が急にかかって発生しますが、 大半の原因は日常生活、お体の使い方、姿勢、体重の増加、筋力の低下など様々な負担が蓄積されたものが痛みになって出てきてしまっています。
これらの痛みは適切に検査をし、骨盤の歪みを正したり、姿勢を調整させたりなど、
一人一人に適切な処置を行い、腰に負担がかからないようにすることによって起こりにくくなります。

腰痛・ぎっくり腰の症状をほっておくとどうなるのか

慢性的な腰痛を「当たり前」と捉え日常生活を送っていると、ぎっくり腰を頻発してしまいます。

放っておくと痛みが増すどころか、痛みをかばって足や膝、背中など他の部分に影響が出てきます。
放っておいて痛みが引いたとしても、それが癖になり頻繁に痛くなったり、これまでに経験したことのない痛みになってしまったりしてしまいます。

駒込にある 駒込中里整骨院の腰痛のケア方法

まず、痛みの原因となっている筋肉をほぐすことによって柔軟性を高め、今ある痛みを取り除いていきます。
ただ、ほぐすだけでは根本的な治療になりません。
なのでほぐしていきながら腰痛の根本的な原因を取り除く為、骨格矯正を行い歪みや姿勢を整え負担のかかりにくい正しい状態にします。
また正しい状態を維持するためにお腹周りのインナーマッスル(いわゆる体幹)をEMSを使って鍛え、身体を支えられるようにして今後の痛みを出にくくしていきます。

どのようなメニューか、どのくらいの頻度で来たらいいのか

基本的にはお身体をみさせて頂き、状態にもよって治療のメニューや頻度が変わりますが、
慢性的な腰痛の根本的なケアとしては、骨格の矯正、EMSを使い、週に2回、3?4ヵ月がベースとなっております。
ぎっくり腰や痛みが非常に強い症状は超音波、ハイボルトといった特殊な電気を使い、炎症や痛みを抑え、痛みが取れた状態で根本治療を行なっていきます。

腰の痛みに悩まされていた患者様の声

慢性的な腰の痛みが軽くなった 北区中里在住の40代男性
腰に慢性の痛みがあり、酷い時は夜眠れない程でした。
こちらの治療院ではハイボルト(電気)治療と骨格矯正を受けました。
すぐには解消されませんでしたが、通院して3、4回ぐらいで腰が軽くなってきたのを感じました。
運動不足や加齢に伴う筋力低下が原因の一つでもあると説明を受け、いまは寝ながら筋力トレーニングができる楽トレもはじめました。 いまは腰の痛みもなくなってきています。
笑顔道 駒込中里整骨院

JR山手線駒込駅徒歩3分
住所:東京都北区中里2-3-2 久喜第2ビル
受付:平日・土・祝・日 9:00~20:00
定休日:なし

笑顔道 駒込中里整骨院 地図
ページトップへもどる