四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は肩だけを治療しても良くならない事をご存知ですか?

四十肩・五十肩
  • 急に肩が上がらなくなった
  • 激痛で腕を動かせない
  • 痺れがある
  • 洋服を着るときに痛みがでる。
  • 洗髪ができない。
  • 背中に手が回らない。

四十肩・五十肩に対する世田谷区にある 豪徳寺の鍼灸整骨院の考え方

五十肩と肩こりは別物で、40代・50代頃に急に肩に激しい痛みが出たり、動きが悪くなることを言います。
加齢などにより肩周辺に炎症が起こることで痛みが生じる肩関節周囲炎と言われる症状です。
急性期は動かすだけで激しい痛みが生じ、痺れが生じることもあります。
慢性期になると痛みが徐々に治まり、筋肉が収縮し固くなることで動きが悪くなってきます。

四十肩・五十肩の症状を放っておくと、どうなるのか

四十肩・五十肩の症状を放っておくと、どうなるのか

五十肩は放っておいても半年~1年程度で治るとも言われていますが、
だからと言ってそれで良いわけではなく、しっかりとした処置を行ったほうが早期回復が見込めます。
放置することで、肩の中の組織が癒着をしてしまって、腕が上がらなくなってしまうことがあります。
しっかりと治療を行うことで後遺症も残らず、再発することもなくなります。
五十肩になったら迷わずご相談ください。

世田谷区にある 豪徳寺の鍼灸整骨院の四十肩・五十肩の処置法

四十肩五十肩は三つのステージに分かれると言われています。
一つ目は痛みが強い時期
二つ目は硬くなって痛みがある時期
三つ目は徐々に動かして動きがどんどん確立していく時期
この三つのステージに分かれます。

今は現状でどのステージにいるかっていうことを明白にし、それに伴った治療をすることが大切です。
まず一つ目、痛みが強い時には消炎鎮痛処置を行う必要があります。当院では手技療法に加えハイボルト治療もしくは鍼・お灸。
このような治療が有効かと考えられます。
二つ目、可動域が制限されたときの痛みには、運動療法を用いることが主となります。
痛みがどこまで行くと痛いのか、どこまでは動かせるかを明確にし、動かせるところまでを常に動かせるようにしていくことが必要です。
それに伴い低下してしまった筋力を鍛えるために、EMS等を使って筋力強化にも努めていきます。
三つ目、動かすようになった時はそれを司る筋肉を強化する必要があります。
これに関してはEMSを使ったインナーマッスルを鍛えるトレーニングが一番有効的だと考えられます。

どのようなメニューがどのくらいの頻度で来たらいいか

この疾患に関しては早期緩和がポイントになるためになるべく来院可能な時に頻度よく来るのが一つのポイントになります。
可能であれば、毎日通っていただくことが、緩和の為の一番の近道になります。
低下してしまった筋力に関してはEMS使用した場合は週2日での施術で十分です。

四十肩・五十肩に悩まされていた患者様の声

他の接骨院で治らなかった痛みに悩まれていた世田谷区在住の50代女性

世田谷区にある 豪徳寺の鍼灸整骨院には、五十肩になった時からお世話になっています。

整形外科にも、近所の接骨院にも通っていましたが、痛みも辛く不安な気持ちでおりました。
世田谷区にある 豪徳寺の鍼灸整骨院は、初診の時からとても丁寧に納得のいく説明をして下さり、「来て良かった!続けて通ってしっかり治そう!」と思ったのを覚えています。
院全体が明るく気持ち良く、何より痛みのある患者さんひとりひとりに寄り添って治療していこうというすべての先生方の気持ちが伝わってきます。
まずは一度行ってみて下さい。周りの人に薦めたくなります。

腕が上がらず仕事に集中できないほど痛みのひどかった世田谷区在住の50代女性
世田谷区にある 豪徳寺の鍼灸整骨院さんに伺う前は、左腕が水平に上がらず何もしなくても、ズキズキ痛み仕事も集中できない状態でしたが、
今では無理に動かさなければ痛むこともなく、腰に手を当てる事もできるようになり、
体も(左手で右腕)洗うことができるようになり、とても楽になりました。
豪徳寺の鍼灸整骨院

豪徳寺駅徒歩1分
住所:東京都世田谷区豪徳寺1丁目25-6BEANS・Q 1F        
平日・土・祝 受付:9:00~20:00
日曜:9:00~18:00
定休日:なし

ご予約フォーム
豪徳寺の鍼灸整骨院 地図
ページトップへもどる