Ichigayaの鍼灸整骨院BLOG

Ichigayaの鍼灸整骨院BLOG

成長痛の治療法|市ヶ谷

お子様が夜になると膝の下、足の甲、かかと、足の付け根などが痛いと訴えることはありませんか?

朝になると痛みがなくなりケロッとしている場合、それは成長痛かもしれません。

成長痛は、幼児から中高生にかけて、子どもの成長とともに発症する独特の痛みのことです。
成長とともに、発症する部位も変わっていきます。

成長期で骨がどんどん成長すると、筋肉がいつも引っ張られていることになります。

筋肉が引っ張られると骨の周りにある軟骨に負担がかかり、炎症を起こすのです。骨端症とも呼ばれます。

激しいスポーツをされているお子様にはよくみられる症状です。
痛みによりスポーツができなくなる方も多いので、一日でも早く治したい症状です。
しかし、一般的には、成長が止まるまで治らないと言われております。

痛みは長期的に継続しやすく、痛みがなくなることで治ったと思い運動をすると、また痛みを繰り返すことがあります。
無理をすればどんどん痛みが増すこともあり、成長期が終わっても痛みが残ることもあります。
そうなると心配です。

安静にして炎症の起きている部位を休ませることが大事です。
しかし、運動盛りのお子様にとって、動かずに静かにしていることは、とてもつらいことです。

そこで思いつくのは外科などの病院です。
すでに病院に行かれた方も、いらっしゃると思います。
痛み止めや湿布を処方されただけで、効果が無かったという方はいらっしゃいませんか。
そんな時には、ぜひ当整骨院にご相談ください。

薬や湿布、ストレッチ、リハビリ・・・、何をしても改善しないとあきらめている患者様もいらっしゃいました。
しかし、成長痛は諦めないで治療を続ければ痛みを無くすことができるのです。

成長痛の主な原因は、体の硬さです。
急激な動きをして筋肉が硬くなったり、ストレスで硬くなっている場合もあります。

例えば、膝が痛い場合は、膝にだけ原因があるわけではありません。
膝と連動している筋肉が硬くなっていることがあります。
硬くなっている筋肉を見極めて、血流を促進させて、筋肉を和らげて痛みをとっていきます。

また、ストレスとも関係性があります。
小さなお子様の場合は日中の遊びの疲れに加えて、親や周囲の人にかまってほしいという気持ちから痛みを訴えることがあります。
小さな弟や妹のいる家庭でも、積極的にスキンシップをはかってあげることが大切です。

成長痛には個人差があり、自然に痛みが消える場合もあります。
しかし、もし痛みのためにスポーツができないなど生活に支障をきたしている場合は、是非当院にご相談ください。

また、スポーツをされている方は、毎日のストレッチに加え、痛くなったら休憩をとる、アイスバックなどで冷やすことも心がけてください。

スポーツ障害ついて詳しく見る→
膝の痛みついて詳しく見る→
手脚の痺れについて詳しく見る→

——————————————————————–
市ヶ谷で人気NO.1のIchigayaの鍼灸整骨院
住所:住所:東京都千代田区市ヶ谷3-4-14
電話番号:tel:0362615545
——————————————————————–

Ichigayaの鍼灸整骨院

市ヶ谷駅徒歩1分
住所:東京都千代田区五番町3丁目-1 五番町グランドビル        
受付 平日・土・祝:午前10:00~21:00
日:午前9:00~18:00

Ichigayaの鍼灸整骨院 地図
ページトップへもどる