腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア

腰の痛み、我慢していませんか?

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニア
  • 腰の痛みを繰り返している、なかなか良くならない
  • ギックリ腰を繰り返している
  • 前に屈むのが辛い
  • 朝起きた時や動き出すのが辛い
  • 寝返りをうつと痛い
  • 長時間座っていると痛い
  • 立っていると痛くなってくる

このような症状でお困りではありませんか? これらのような腰の痛みは我慢せずIchigayaの鍼灸整骨院にご相談ください。

腰痛・ぎっくり腰・ヘルニアに対する市ヶ谷にあるIchigayaの鍼灸整骨院の考え方

腰痛の原因として、ハッキリしないものや内科疾患によるものもありますが、
日常的な生活動作や習慣が原因になるケースが非常に多いです。
そういった原因は骨盤などの歪みや姿勢の改善を行うことで腰痛は改善していきます。
様々な検査を用いて鑑別し、原因に合った適切な処置を行えば大丈夫です。

腰痛・ぎっくり腰の症状をほっておくとどうなるのか

慢性的な腰痛を「当たり前」と捉え日常生活を送っていると、ぎっくり腰を頻発してしまいます。

「寝たら治るだろう。」「いつものこと。」
などと治療をせず放っておくと、どんどん腰痛を悪化させる危険性があります。
ギックリ腰なりやすく癖になり、それが頻繁に起こると椎間板ヘルニアになる危険性があります。

市ヶ谷にある Ichigayaの鍼灸整骨院の腰痛の改善法

腰痛を改善させるには、その根本から治療していくことをお勧めします。
それは、筋肉の張りを取るだけでは、繰り返してしまう恐れがあるからです。
筋肉の張りを取り、柔軟性を高めると共に骨盤等を矯正することで負担を取り除き、痛みを無くしていきます。
また、腰痛が出にくい状態を維持するために、インナーマッスルを鍛えて体幹を強化し安定させ、体を支えられるようにしていきます。

どのようなメニューか、どのくらいの頻度で来たらいいのか

筋肉への負担が原因の場合や、椎間板ヘルニアなどの場合は、矯正治療とESMを組み合わせた根本治療を行い、腰痛を改善させていきます。
状態にもよりますが、週に1〜2回の治療を3ヶ月程度行うのがベースになります。
ギックリ腰のような急性期腰痛の場合は、アイシングやハイボルト治療で炎症を抑えていきます。
その後、根本治療に移行していきます。

腰の痛みに悩まされていた患者様の声

デスクワークによる腰痛に悩まれていた千代田区五番町在住の20代男性
社会人になりデスクワークと格闘していますが、長時間座っていると腰が痛くなるようになったのが苦痛になり、治療をお願いしました。
学生時代は運動もしていましたが、社会人になり機会がめっきり無くなり、同じ姿勢でいることが辛くなっていましたが、実際はそこが原因だったようです。
座っている姿勢と、それを維持する筋肉だけでこれほど腰痛が改善するのかと驚いていますが、治療後の腰の楽さと座りやすさが効果を物語っているなと思います。
腰痛にお悩みだった千代田区九段南在住の50代女性
普段主婦として家事などを行っておりますが、年々物を持ち上げたりする動作で腰が痛むようになり、治療をお願いしようと伺いました。
私の腰痛は、姿勢からきているとのこと。
そのせいで筋肉に負担がかかっていたり、寝ているだけでも筋肉が固まってしまうそう。
どうりで朝起きた時も腰が痛いはずです。
説明を聞き、根本治療をお願いしましたが、回を重ねるごとに体が変わっていることを実感しています。
Ichigayaの鍼灸整骨院

市ヶ谷駅徒歩1分
住所:東京都千代田区五番町3丁目-1 五番町グランドビル        
受付 平日・土・祝:午前10:00~21:00
日:午前9:00~18:00

Ichigayaの鍼灸整骨院 地図
ページトップへもどる