Ichigayaの鍼灸整骨院BLOG

Ichigayaの鍼灸整骨院BLOG

腱鞘炎の治療法|市ヶ谷

文字を書く、携帯のボタンを押すといったような、指に力を入れると痛い、物を握ると痛い、腕がつったり、だるい、しびれるといった症状はありませんか?
それは腱鞘炎かもしれません。

腱鞘炎は、スポーツ、家事、仕事上の作業で発症する人が多くいます。
最近では、パソコンの作業をすることで、腕がしびれたり、指だけではなく手首まで痛みを感じる方も急増しています。

腱鞘炎の原因は、「腱」と「腱鞘」の炎症です。

筋肉の両端にある「腱」という組織が「腱鞘」というトンネル状の筒の中を通っています。
手などを動かすことによって「腱」と「腱鞘」も繰り返し動かされます。
それが過度に動かされると炎症を起こすのです。

腱鞘炎には代表的なものが二つあります。

一つは「バネ指」です。手の指が曲がったまま伸びなくなり、無理やり伸ばすと「バキッ」という音で弾かれたように伸びます。

二つ目は「ドケルバン病」です。
親指の下から手首にかけて痛みを伴う症状です。
産後に子育てをする女性が、手をよく使うことが多いため、発症しやすいです。
また、女性ホルモンの減少によっても引き起こされると言われています。

腱鞘炎は、周期的に激痛を伴うこともあります。
痛みがあることで、日常生活に支障をきたすこともあります。
ずっと痛いわけではないからと放っておくと、完治するまでに時間がかかることもあるので、早い段階での治療が大切です。

そこで思いつくのは、外科などの病院です。
すでに病院に行かれた方もいらっしゃるでしょう。
痛み止めや湿布だけでは、効果が無かったという方もいらっしゃいます。
そんな時には、ぜひ当整骨院にご相談ください。

腱鞘炎は腱と腱鞘を使いすぎることによって疲労し、筋肉が緊張して起こると考えられています。
その筋肉の緊張を取ることで症状が消えていくのです。

また、指や手首が痛いからといって、その部分だけに原因があるわけではなく、肘関節や肩関節、首とも大きく関わっています。
整骨院では丁寧にお話を伺った上で、手を動かすときに使う部位全体の動きを確認し、施術していきます。

手は日常生活で欠かせない働きをしてくれています。
腱鞘炎は放っておくと、文字が書けない、ペットボトルのフタが開けられない、子どものおむつ替えができない、洋服が着替えられないと、様々な困難を引き起こします。

そうならないためにも、手の痛みでお悩みの場合は、是非お気軽に当院にご相談ください。

もう二度と腱鞘炎の痛みに悩まされないためにも、手を使いすぎないように気を付ける、
ストレッチをするなどの日常ケアも欠かさないようにしてください。

手足のしびれついて詳しく見る→

——————————————————————–
市ヶ谷で人気NO.1のIchigayaの鍼灸整骨院
住所:住所:東京都千代田区市ヶ谷3-4-14
電話番号:tel:0362615545
——————————————————————–

Ichigayaの鍼灸整骨院

市ヶ谷駅徒歩1分
住所:東京都千代田区五番町3丁目-1 五番町グランドビル        
受付 平日・土・祝:午前10:00~21:00
日:午前9:00~18:00

Ichigayaの鍼灸整骨院 地図
ページトップへもどる