セントラルウッズ整骨院BLOG

セントラルウッズ整骨院BLOG

食物繊維のお話|中央林間


みなさんこんにちは。
7月も第4週に突入しました、蒸し暑いはずです。

近所のスーパーに出かけると
夏野菜が店頭に並んでいる光景をよく見かけますが、
みなさん野菜は足りていますか?

野菜ジュースで済ませる方もいらっしゃいますが、本当にそれでいいのでしょうか。
ジュースからビタミンなどが賄えるかもしれませんが、繊維はどうでしょうか。

かつて食物繊維は、吸収し切れなかった栄養の残りカスとして軽んじられていました。

しかし繊維は、腸において非常に重要な役割があることがわかりました。
食物繊維には、水に溶ける水溶性と、水に溶けない不溶性の2種類があります。

水に溶ける水溶性は、腸内において様々な消化液で消化されるのですが、
その消化液は糖分やコレステロールを材料にして生み出されます。
つまり水溶性の繊維を摂ることで、
消化に糖分やコレステロールを消費するので、ドロドロ血の予防に繋がります。

水に溶けない不溶性は、水を含むと
紙オムツに含まれるポリマーの様に膨れ上がる性質があります。
すると膨れ上がった繊維が腸の内部を刺激し、腸の蠕動運動を促す、
つまりウンチがしたくなるのです。
更に、膨らむと同時に腸の中の毒素や老廃物などの余計なものを取り込んでいき、
腸の中を掃除してくれます。

こういった腸の掃除、たまりやすいコレステロールなどの消費のほかにも、
繊維には大きな作用があります。

それは腸内細菌のエサになるということです。

腸にはいわゆる善玉菌、悪玉菌、日和見菌といった菌が住み着いており、
独自に活動しています。
その量は集めると2kgに達するといわれていますので、
大きさを考えると膨大な量です。

菌というと汚らしく感じるかもしれませんが、
1 免疫力・治癒能力の向上
2 体内酵素・ビタミンの産生
3 外からやってきた侵入者の排除
4 消化・吸収・代謝の向上
5 化学物質・発がん性物質の分解
など、その働きは生きる上で非常に重要です。

こうして腸内細菌を元気にすることで、すっきりとした生活を送っていけます。

いまどきスーパーのお惣菜のコーナーに行けば、
ほうれん草のおひたし、金平ゴボウ、切り干し大根、ひじきなどの
野菜の和惣菜が安価に購入できます。
是非皆さんもこの機会にご自身の食生活を見直してみて下さい。

 
中央林間駅東口から歩いて1分
中央林間にあるセントラルウッズ整骨院
大和市中央林間3-4-14
TEL:046-277-1710

 

セントラルウッズ整骨院

中央林間駅徒歩1分
住所:神奈川県大和市中央林間3-4-14
受付:10:00~14:00 / 16:00~21:00

セントラルウッズ整骨院 地図
ページトップへもどる